FC2ブログ
2020/02/13

Snow and Stars.

福島県の大内宿、茅葺屋根の民家に歴史を感じます。

この時期は雪が積もり灯籠を床で作るそうで

その幻想的な景色を見たく

先日の休みに行ってまいりました。

近くの旅館にチェックインを済ませ、夕食を食べた後はバスに乗り、約10分

大内宿の脇にバスが停まり、外に出ると真っ暗。

あたりを見渡しても民家のわずかな明かりだけ

しかし空を見上げると暗闇だからこそ見える景色が

今まで肉眼で目にしたことのない数の星々が

ここから何光年かかるのかわからない距離で

確かに命を燃やしているような

そんな光景でした。

202002131914563de.jpeg


そして懐中電灯の明かりを頼りに歩いていきます。

足の裏のツルツルな雪からは雪が降り止んでからのわずかな日に多くの観光客がこの地を訪れたのが伺えます。

そして、メイン通りへ

道の真ん中に立ってからは歴史を感じれる風景が奥まで続いています。

20200213191749699.jpeg


人もわずかにしかいません。雪の灯篭はなくて残念でしたが

この風景を見れただけで大満足でした。

さて、次はここよりも星が綺麗な場所を目指しましょうか。

Naoto.

コメント

非公開コメント